ART WORKS Blog 桜美林大学 芸術文化学群 造形デザイン専修 学生作品ブログ

  • 造形デザイン専修について

Information:活動報告

7月9日(日)オープンキャンパス

2017年度

真夏のような日差しのなか、オープンキャンパスが開催されました。

前回にもまして、人でにぎわいました。

今回は、相談会場には社会人の方で、学び直したいというニーズがあったりと、

新たな本専修の可能性を感じさせられました。

相談会場には本格的な映画用のフィルムカメラが設置され、

興味のある人はレンズを覗いたり、撮影したりすることがきました。

今回はワークショップが満員御礼でした!

大人気、日本画のワークショップ「日本画・岩絵具を使ってキャラクターを描く」

鳴坂先生の「色彩構成ワークショップ」

今回は「風」をイメージして、線と色面を校正していきます。

みなさんとても豊かなイメージで描いてくれました!

柳原先生の特殊印刷のワークショップ

プロさながらの絵ですね!!

ポストカードとして使えちゃいそうなクオリティーです。

榎戸先生の「映画・演出」ワークショップです。

演劇専修の学生が演技をして、それを映画用のカメラで撮影します。

手前のモニターでそれをリアルタイムに見ることができます。

役者の何気ない動作が、カメラを通すと「映画」っぽくなる!その瞬間を目撃することができます!

ビジュアル・アーツ専修への変革に向けて、デザイン・テクノロジー・映像を体験できる機会でしたね。

そして何より、オープンキャンパスでは先輩の学生とお話できるのが何より。リアルに学生生活を感じられて良いですよね。

今回はワークショップが人気すぎて、定員オーバーで受けられなかった人もいました; 申し訳ありません!

次回の8・6(日)のオープンキャンパスでは、より多くのワークショップをご用意してお待ちしております。